ホームページは更新する段階になってからが本番

ホームページ制作会社から納品されたらそれでお終いではありません。むしろ完成したところからが本番です。

何があるかというと、ホームページを更新する作業を自分でしなければいけないことです。作るのはホームページ制作会社が代行してくれますが、日々の更新作業、例えばキャンペーン情報を掲載したり、アルバイト募集を出したり、これらのページをブログとして投稿するにしても、自分でやらないといけません。

ですからワードプレスを自分で扱えるようになることが大事です。最初はわからないことばかりですが、市販の教書を1冊買っておくと便利です。それでもわからない場合はホームページ制作会社に聞くと良いでしょう。もちろんアフターサポートがしっかりしているところでないといけません。ホームページ制作の費用安い業者は大体サポートがないか、あっても有償です。ホームページ管理は廃業するまで続きますから、サポートも長々と付き合ってくれるところがおすすめです。

ホームページの更新は定期的に行うのが良いらしいです。例えばハンバーガー屋にしても、全く更新しないとライバル業者のホームページより先に検索結果に表示されません。頑張って更新しているウェブサイトが評価されて、検索結果に優先的に表示されるようになります。私は何もない時は店長ブログみたいな内容を投稿します。

ホームページの更新はとても面倒ですが、一度書いたものは消えません。いわば固定資産ですね。しっかり力を入れて書けば、それだけ評価されます。そしてお店の売上にもつながります。ここからが本番とはそういうことです。