ウェブ初心者が陥りがちなホームページ制作の落とし穴

私が初めてウェブ業界に入ったのは今から10年ほど前です。当時はITの知識をほとんどもっておらず、毎日新しいことの発見でした。そんな時は色々なミスをしました。今回はウェブ初心者が陥りやすいホームページ制作の落とし穴をいくつか紹介します。

自己満足

まず最初は自己満足な内容になってしまうことです。よくあるのは文章がまるで詩(ポエム)のようで何を言っているのかわからないパターンです。

インターネット上の文章は不特定多数の人に読んでもらうものなので、誰が読んでも理解できる内容が理想です。しかし初めて記事を投稿した時はとにかく自身の執筆力をみせてやりたくて結果的にダラダラした文章になったり、ポエムみたいな何を言っているのかよくわからない文章になってしまいました。

書き方にはいろいろありますが、結論から書いて理由を後ろに持ってくると親切です。前置きも必要ですが、できるだけコンパクトにするべきですね。

文字だけ

ホームページの醍醐味は画像や動画を載せられることです。その醍醐味を削って文字だけにこだわる理由があるでしょうか?確かに文字で情報を伝えることは可能ですが、一見は百聞に如かずというように、長々と説明するよりも画像を使ったほうが親切なことは多々あります。

Googleも写真や動画などの情報コンテンツは文字(テキスト)情報よりも重要視していくようなことを発表したと思います。それにあわせて盗用などの問題も増えていますが、自分で写真を撮ってパソコンに入れてアップロードして公開する手間を惜しまずして素敵なホームページはできません。

更新をさぼる

最も多いのが、いつの間にか更新をやめていることです。ホームページは消えませんが、古い内容は自然に淘汰されます。日々進化する情報は逐次更新することで信頼性が保たれます。グーグルもこの点に関して小まめに更新するウェブサイトを評価するとしています。

さて、とりあえずよくある3つの落とし穴を紹介しましたがいかがでしょうか。神奈川県でおすすめのホームページ制作会社に頼む機会があるかもしれませんが、最終的には自分で管理することになると思うので、自分で勉強しておくことも大事ですね。